HOMEPick Up一貫生産体制のメリット・デメリットとは?工程や品質も解説!

一貫生産体制のメリット・デメリットとは?工程や品質も解説!

一貫生産体制とは、生産の工程が1つの会社で一貫していることです。
複数の会社をまたがずに商品を生産できるため、無駄な手間やコストがかかりません。一貫生産体制のメリットを把握しておけば、商品生産を外注する際に正しく検討できます。

この記事では

  • 一貫生産体制とは
  • 一貫生産体制のメリット
  • 一貫生産体制のデメリット

を解説します。

▼弊社の会社概要はコチラからご覧いただけます。

 

一貫生産体制とは

一貫生産体制とは、1つの会社のみで商品生産が完結する体制を意味します。

1つの商品を生産する際、立案や設計、部品の製造、組立、検査、生産後の管理や検証などいくつもの工程があります。工程ごとに異なる会社に外注して商品を生産することもありますが、どうしてもコミュニケーションや進捗の管理などで手間とコストがかかってしまいます。

一方、一貫生産体制の会社に商品生産を依頼すれば、最低限の時間と労力しかかかりません。依頼者にとって多くのメリットがあるため、一貫生産体制に注目が集まっています。

 

一貫生産体制のメリット6つ

一貫生産体制のメリット6つを下記のとおり解説します。

  1. 工程・品質が安定しやすい
  2. 意向が反映されやすい
  3. 1つの業者との打ち合わせのみで完結する
  4. 臨機応変な対応が可能である
  5. アフターフォローが充実している
  6. 納期を相談しやすい

 

メリット①:工程・品質が安定しやすい

一貫生産体制のメリット1つ目は、工程・品質が安定しやすいことです。

一貫生産体制で商品を生産する場合、それぞれの工程で情報伝達が滞るリスクが軽減されるため、生産の流れでミスが起きにくい環境が整えられています。また、依頼者とのコミュニケーションも1対1で完結するため、意思疎通のトラブルを回避できます。

 

メリット②:意向が反映されやすい

一貫生産体制のメリット2つ目は、意向が反映されやすいことです。

商品生産を依頼する際、依頼者は外注先に意向を伝える必要があります。ただ、外注先の会社が多いとミスコミュニケーションが起きる確率が高まってしまいます。

また、依頼を出してから生産に関する変更の旨を伝えたとしても、外注先が多いと混乱してしまう場合もあるでしょう。一貫生産体制ならば、意向がスムーズに反映されます。

 

メリット③:1つの業者との打ち合わせのみで完結する

一貫生産体制のメリット3つ目は、1つの業者との打ち合わせのみで完結することです。

会社にとって、業者との打ち合わせは人員を割く必要のあるコストです。外注先が多いと打ち合わせの回数も増えるため、それだけで多くの時間を費やさなければいけません。

一貫生産体制の業者に依頼すると、打ち合わせの回数を最低限に抑えられます。

 

メリット④:臨機応変な対応が可能である

一貫生産体制のメリット4つ目は、臨機応変な対応が可能であることです。

商品を生産していると、急遽なんらかの仕様を変更したり生産を停止したりせざるを得ない状況に陥ることがあります。そういった事態の際に、外注先が多いと連絡に時間がかかり、スピーディーな対応は望めません。

一方、一貫生産体制の会社に依頼をしていると、少ないコミュニケーションで臨機応変な対応を期待できます。

 

メリット⑤:アフターフォローが充実している

一貫生産体制のメリット5つ目は、アフターフォローが充実していることです。

開発から商品生産に携わっている会社なら、商品や依頼者の理解が深いため、より細かい部分にまでアフターフォローが行き届きます。商品の生産が完了してから困った事態に陥っても、二人三脚で解決に向けてアプローチできます。

 

メリット⑥:納期を相談しやすい

一貫生産体制のメリット6つ目は、納期を相談しやすいことです。

商品生産の依頼をする発注者にとって、納期は悩みの種でもあるでしょう。いくつかの会社に商品生産を依頼していると、納期の調整だけでも一苦労してしまいます。

一貫生産種体制で会社に外注している場合は、スムーズな納期の相談が可能です。

 

一貫生産体制のデメリット2つ

一貫生産体制のデメリット2つを下記のとおり解説します。

  1. 大量生産に不向きな場合がある
  2. 1つの業者に責任が集中する

 

デメリット①:大量生産に不向きな場合がある

一貫生産体制のデメリット1つ目は、大量生産に不向きな場合があることです。

一貫生産体制で商品を生産する会社は、あらゆる工程を自社で完結させます。そのため、それぞれの工程にかけるリソースには限界があります。

もちろん、生産力は会社によりまちまちですが、大量生産可能かどうかは確認が必要です。

 

デメリット②:1つの業者に責任が集中する

一貫生産体制のデメリット2つ目は、1つの業者に責任が集中することです。

商品生産の全工程を特定の会社に任せることになるため、良くも悪くも外注先の会社に依存してしまいます。そのため、どの会社に依頼するかは慎重に検討しなければいけません。

 

まとめ

今回は一貫生産体制のメリット・デメリットを解説しました。

一貫生産体制には豊富なメリットがある反面、デメリットもあります。商品の生産を依頼する際は、慎重な検討が要求されます。

一貫生産体制についてさらに詳しく知りたい、一貫生産体制に関してご相談したいという場合は、気軽に当社へお問い合わせください。

【関連記事】大型機械加工とは?実績多数の大型機械加工メーカーが加工実例とともに解説
【関連記事】場所打ち杭の鉄筋かごとは?補強リングやスペーサーなど組立部品も解説
【関連記事】鉄道のレールがどんな作り方が知っていますか?材質もあわせて解説
【関連記事】トンネル工事に欠かせない!トンネルの支保工とは?製造方法をご紹介

 

▼弊社の会社概要はコチラからご覧いただけます。